社会人なら通信講座が最適

講師の講義を受けられる学習法は、なにも資格予備校だけに限りません。今や通信講座でもCDやDVDといった講義メディアがセットになった講座や、ウェブ上で講義を視聴できる講座も存在しています。

通信講座ですから、学習する場所は基本的に自宅です。つまり、自宅で講師による講義を視聴できるというわけです。これなら、自身のスケジュールに合わせ、いつでも好きな時間に講義を視聴することが可能となったのです。

また、何より魅力的なのが資格予備校と比較して1/3半額程度というリーズナブルな受講料です。例えば、宅建試験向けの講座ならば、5~8万円程度も出せば、クオリティの高い講座と出会うことが可能です。もちろん、学校への通学は必要ありませんから、交通費も必要ありません(笑)。

合格率競争が教材の質を向上させた

通信講座を判断する指標のひとつに合格率があります。合格率の低い講座には受講生が集まるはずもありません。通信講座の生命線である合格率を上げるために、各講座はよりわかり易い教材開発に心血を注いでいるのです。

そんな〝合格率競争〟が各講座間の競争を生み、年々教材やカリキュラムの品質が向上している傾向にあり、講義メディアこそその象徴といえるでしょう。

もちろん、講義メディアのみならず学習の基本となるテキストの解りやすさも通信講座ならではの特徴といえるでしょう。
資格予備校は講師による講義が学習のメインとなるため、テキストの内容はさほど重要ではありません。そのため、テキストも旧来型の文字が羅列されたタイプのものが多く、テキストがベースとなる通信講座には不向きなのです。

対して通信講座のテキストは、なによりもわかりやすさが重要です。そのため、カラーによりポイントを強調したり、図表を多用して視覚的なわかりやすさを追求するなど、各講座が工夫を凝らしわかりやすさを追求しているのです。

格安な費用と仕事に左右されない自由な学習スタイル。そして、講義メディアやわかりやすいテキストといった優れた教材。通信講座こそ、社会人にとってもっとも理想的な資格試験学習法といえるのではないでしょうか。

抜群に効率の良い勉強法はコチラ>>>