宅建の合格率を分析

よく「宅建は簡単だ」と言われています。もしかすると、皆さんの中にもそうした噂から受験を決意した方がいるかもしれません。
では、本当に宅建試験は簡単なのか真相を究明してみましょう。その指標となるのが試験の合格率です。直近10回(年)の合格率を下記に示します。

【宅地建物取引主任者試験・直近10回の合格率】
実施年月 申込者数 受験者数 合格者数 合格基準点 合格率
2006年 240,278人 193,573人 33,191人 34点 17.1%
2007年 260,633人 209,684人 36,203人 35点 17.3%
2008年 260,591人 209,415人 33,946人 33点 16.2%
2009年 201,185人 158,909人 34,918人 33点 17.9%
2010年 228,214人 186,542人 28,311人 36点 15.2%
2011年 231,596人 188,542人 28,311人 36点 15.2%
2012年 236,350人 191,169人 32,000人 33点 16.7%
2013年 234,586人 186,304人 28,470人 33点 15.3%
2014年 238,343人 192,029人 33,670人 32点 17.5%
2015年 243,199人 194,926人 30,028人 31点 15.4%

上記のとおり、平均合格率は16%前後に保たれています。つまり10人受験して2人も受からないという結果となりました。

この結果を見てもまだ簡単と言える方は、このサイトをご覧になる必要はありません。どうぞ、ご自分の信じる方法で宅建へと挑んで下さい。

宅建は紛れもない難関試験

宅建が簡単だと噂される背景には、年齢や学歴などの受験資格が存在しないということ。そして、計50問の出題すべてが4択式による解答であることに所以するのではないかと思われます。
しかし、その真実は合格率16%という難関です。エンピツを転がして合格するなら、毎年の合格率も1/4の25%台となっていることでしょう。

改めて言います。宅建は10人に2人も受からない難関の国家試験です。もし、皆さんの中に、少しでも宅建は簡単だという意識があったなら、今すぐそうした甘い考えを捨て去って下さい。

当サイトは、「宅建は難関である」という認識を持った上で受験に挑もうとする皆さんに向け、情報を提供しています。もし、簡単に宅建が取れると高をくくっているなら、この先へ進むのは止めた方が良いかもしれません。

抜群の効率を誇る勉強法はコチラ>>>