市販の模試ならこれがオススメ

オススメは「ズバ予想」と「一発合格」

ところで、宅建模試は予備校主催のもののみならず、書店の資格コーナーを覗けば市販のものも数多く出回っています。力試しとして活用するのであれば、「よし、ここにあるものを片っ端から!」と意気込みたくなるでしょうが、ここはちょっと我慢です。

数ある市販模試の中には、本試験と難易度レベルかかけ離れているもの(難しすぎるor易しすぎる)、出題される論点が本試験とはズレているもの(極端に“当て”に走っている)等、実際の試験とはかけ離れた内容のものも数多く見受けられます。
仮に皆さんが手に取った宅建模試が、こうした“NGな市販模試”の類だったとしたら・・・。おそらく、全く太刀打ちできないか手ごたえが感じられないかで、やる気ばかりがどんどん削がれていくことでしょう。これでは、せっかくの模試受験も台無し。市販の宅建模試は、実は「選び方」がとても重要なんです。

 宅建模試で市販のものを購入する際に選ぶべきオススメは、ズバリ

【ズバ予想宅建塾 直前模試編】
【これで合格!宅建直前予想模試】

この2冊はいずれも出題レベルが本試験にしっかりあわせられていて、比較的法改正の解説が丁寧にされていることで、宅建受験生の間では人気の高い市販模試と言われています。
いずれも、模試だけでなくシリーズとして支持されているので、セット使いもオススメだと思います。
もちろん、受験生個々の好みによって使いやすさ等の相性はあると思いますが、数ある宅建模試の市販本選びで悩まれているようでしたら、まずチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 当然のことながら、模試は受験して点数さえ出せば終わり、というものではありません。
しっかりと解説を読み込み、不十分な点を復習することで、本試験につながる知識をじっくり養ってまいりましょう。
そういった意味では、「解説の分かりやすさ」は市販模試選びで重要な要素と言えると思います。


抜群の効率を誇る勉強法はコチラ>>>